スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田町車両センター

田町車両センター(たまちしゃりょうセンター)は、東京都港区にある東日本旅客鉄道(JR東日本)の車両基地である。東京支社の管轄。配置車両の車体に記される略号「東チタ」…東京支社を意味する「東」と、田町を意味する電報略号の「チタ」から構成される。鉄道省から国鉄時代の表記も「東チタ」であったが、この場合の「東」は東京鉄道管理局を表している。1950年8月1日の改組で東京局は6分割され、当区は東京南鉄道管理局所属となり、その後、表記も「南チタ」へと変わっている。歴史1930年(昭和5年)3月15日:横須賀線の電車運転開始に際し、田町電車区として開設。1950年(昭和25年):80系電車が新製配備され、湘南電車の運転を開始。1955年(昭和30年):この年より運転される準急「東海」を受け持つ。1958年(昭和33年):ビジネス特急「こだま」の運転開始に伴い、日本初の特急形電車配置区となる。1999年(平成11年)3月1日:当区と品川運転所の運転部門を新たに発足した田町運転区へ移管、品川運転所の検修部門を当区に統合する。2004年(平成16年)6月1日:田町車両センターに改称。配置車両国鉄時代の東海道・横須賀筋の東京側車両基地は、田町駅と品川駅の間に隣接して設けられていた。 電気機関車は東京機関区、客車は品川運転所、電車は田町電車区(現在の当センター)にそれぞれ配置されており、車種ごとに部署が異なっていた。2009年4月1日現在の所属車両は以下の通り[1]。 185系 251系 211系 215系185系電車(164両) 基本10両編成8本(A編成)・7両編成7本(B編成)、付属5両編成7本(C編成)が配置されている。付属編成は基本編成の東京寄りに連結され、最大15両編成を組む。またB編成とC編成を連結して12両編成になる列車もある。B編成は200番台で、新前橋電車区(当時)から転入した。グリーン車はA編成に2両、B編成に1両組み込まれている。A編成は特急「踊り子」(東海道本線東京駅 - 伊豆急行線伊豆急下田駅間)、「湘南ライナー」、日曜のみ東京発伊東行の普通列車1本で運用されている。B編成は特急「踊り子」(東京駅 - 伊豆急下田駅間)、東京発伊東行の普通列車1本(日曜を除く)、特急「はまかいじ」、特急「ホームタウンとちぎ」・「おはようとちぎ」、特急「ウィークエンドあかぎ」、「

お祝いすると父娘仲良く? =「ひな祭り」ネット調査-カルピス(時事通信)
<薬事法違反>容疑でタミフル輸入代行業者ら逮捕(毎日新聞)
<首つり死>二所ノ関部屋マネジャー、自殺か 大阪・茨木(毎日新聞)
鬼追理事長、3月退任へ=漢検協会(時事通信)
ピレリやアジップのデザイナー、ボブ・ノールダ死去(レスポンス)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いざわこうじさん

Author:いざわこうじさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。